室内でゴルフ練習|インドアのゴルフ練習場で仕事帰りに人汗流そう

インドアのゴルフ練習場で仕事帰りに人汗流そう

女の人

室内でゴルフ練習

ゴルフボール

ゴルフを学ぶには

ゴルフはクラブと呼ばれる道具を利用し、静止したボールを打ち、カップと呼ばれる穴に少ない打数で入れられるかを競うスポーツです。ゴルフそのものはゴルフ場で行うもので、18個のコース(ホール)をまわることになります。ホールの総距離はゴルフ場によって変わってきますが、7000ヤード前後で6.4kmにも達します。またコースは他のプレイヤーも参加するためスムーズにプレーすることが求められます。このため素人がいきなりコースに出るのは難しくゴルフ練習場やゴルフスクールなどで練習することが求められます。このさいに気軽にゴルフを学ぶことができるのがインドアゴルフスクールです。これまでのゴルフスクールは打ちっぱなしのゴルフ練習場が中心でしたがインドアゴルフスクールでは街中のビルの一室を借りて行っており、郊外の打ちっぱなし練習場と異なり気軽にゴルフを学ぶことができます。

メリットは

インドアゴルフスクールのメリットは、街中にあるということです。打ちっぱなし練習場は広い敷地が必要であるため郊外に設置されているのがほとんどですし需要が大きいのでプレイヤーも多く、人口の多い地域では思ったように練習できないこともあります。またまったくの初心者であれば周囲にプレイヤーのいる環境よりもインドアでレッスンを行う方が、基礎を学ぶ上でメリットがあります。ゴルフの基礎はボールを打つというスイングですが、正しいスイングを知らなければボールを思った位置にまで飛ばすことは困難です。またインドアゴルフスクールでも分析装置を用いて、シートに向かってボールを打ち込むことで飛行距離などを知ることもできます。